シリコンって悪いもの?

はてなブックマーク
2021.07.16

こんにちは、GeeNee hairです。

先日、お客様のご紹介で、社会人の方達が中心のバスケットボールに参加させて頂きました。

皆さんお上手で完全に足を引っ張ってしまいましたが、やっぱりバスケットは楽しいですね!

その代償で、この2日間は殺人的な筋肉痛に襲われています(笑)

 

さて今回は、シリコンについてのお話です。

シャンプーやトリートメントに含まれている『シリコン』。

もう注目されるようになってから久しいですが、皆さんのシャンプー・トリートメントを選ぶ基準として、

シリコンフリー(シリコンが含まれていない)かどうかが大きな目安の1つとなりました。

やはりここ数年はシリコンフリーをうたっているものが人気で、各メーカーが多く製品化しています。

ということはシリコンって悪いものなのでしょうか?いえいえ、そんなことは全くありません!

シリコンフリーが流行った要因としては、

シリコンが毛穴に詰まってしまって頭皮環境が悪化してしまう!という話が出たからだと思います。

これは間違っているとは思いませんが、正確には一時的にわずかに毛穴に付着する程度です。

国内で売られている製品に含まれているシリコンであれば、質もよく、シャンプーをするたびに古い付着したシリコンは取り除くことができます。ですので、毛穴に蓄積したり、詰まったりすることはありません。

シリコンのいい部分に目を向けると、ズバリ!髪の手触りが良くなるということです。

これはシリコンが髪の表面に薄い膜を形成することによるもので、物理的ダメージや広がりをおさえることもできます。

 

あと大事なことは、シリコンはもちろん化学製品なので、頭皮が敏感なかたは念のためシリコン入りのシャンプーは避けたほうがいいかもしれません。そのかわり、トリートメントであればほぼ頭皮には付かないので、トリートメントでシリコン入りのものを使って手触りを良くするという方法がいいと思います。

 

長々と書いてしまいましたが、シャンプーやトリートメントを選ぶ際に、今回の話を一応思い出してあげて下さい!(笑)

一覧 TOP
Top_Image
Top_Image
Top_Image